スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

INDIGO

fc2blog_20130530154535521.jpgfc2blog_201305301542443bc.jpg
ハンドニットのインディゴ染めのハットがお店に入荷してきました。
インディゴの商品には、色移りや日光による日焼け、たたんだ際の折り目の色落ち等が付きもので、一昔前、デッドストックのジーンズなんかを古着屋さんで見つけて広げてみると畳んだ時に出来るセンタープレスに沿って見事に色落ちの縦線が入ってしまったものがあったりしました。
私事ですが、白いシャツにインディゴ染めのバッグを使えば色が移る、長く愛用すれば色は褪せる、折りたたんで長く放置すれば折り目に沿って色が落ちてしまう、そんな世話の焼けるインディゴ染めがなんだか愛おしく思えてしまい、昔はわざわざ折り目に色落ちが見られるものを見つけだして買ったり、色移りが逆に「かわいらしい!」などと、そのまま色の移った白いシャツを気にせずたくさん着たのを思い出します。(もちろん色移りはなるべく避けるべきことなんですが。。)


さっき、お店に入荷した夏用のハットの折り目にうっすらと色落ちが見られました。これを良しとするかそれともアウトなのかはお客様に委ねようと思いますが、なんだか個人的に懐かしくなりその折り目を見せつけるように店頭に並べました(笑)


あっ、もちろんたくさん使っていただければこの色落ちもうまく馴染んでほとんど目立たなくなりますからね!


















2013.05.30 | ヒトリゴト
CATEGORIES
ARCHIVES
ABOUT US
  • ランクル -daily wear-
  • OPEN /11:00-19:30
  • CLOSE/Tuesday
  • TEL・FAX/022-711-1730
  • PLACE/Sendai iroha yokocho
  • → More Info

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。