スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋物が入荷しています。

20130807070908DSC05295-1.jpg
みなさまこんにちは。仙台は八月になってようやく本格的に暑くなりはじめましたね。
毎年、この「仙台七夕」は私達にとっては秋物の新作が店頭に並び始める節目になっているように思います。
今の季節からお使いいただける新作のシャツや、バッグや靴等が店頭に入荷しております。数の少ない商品もございますのでお近くにいらした際はぜひお店にお立ち寄りください。
暦の上では秋のようですがまだまだ暑い日が続きますね、みなさま体調管理には充分お気をつけくださいませ。


















 
2013.08.07 | ヒトリゴト

おすすめのポロシャツです。

20130627042723DSC04812-2.jpg

今年もメンズ店では、シンプルなポロシャツを一型ご用意しました。


インドのオーガニックコットンを柔らかく、ぎっしりヘヴィーウェイトに編み上げた鹿の子生地です。
気兼ねなくガンガン着込んで、洗い込んでいただきたい素材です。
小ぶりな襟とオリジナルのボタンにもさりげない拘りを感じます。












_____________________________
fil melange/ RENE
color/ turquoise blue. deep navy. melange.
size/ 3. 4. 5.
price/ 14700yen(tax in)

















2013.06.27 | ヒトリゴト

INDIGO

fc2blog_20130530154535521.jpgfc2blog_201305301542443bc.jpg
ハンドニットのインディゴ染めのハットがお店に入荷してきました。
インディゴの商品には、色移りや日光による日焼け、たたんだ際の折り目の色落ち等が付きもので、一昔前、デッドストックのジーンズなんかを古着屋さんで見つけて広げてみると畳んだ時に出来るセンタープレスに沿って見事に色落ちの縦線が入ってしまったものがあったりしました。
私事ですが、白いシャツにインディゴ染めのバッグを使えば色が移る、長く愛用すれば色は褪せる、折りたたんで長く放置すれば折り目に沿って色が落ちてしまう、そんな世話の焼けるインディゴ染めがなんだか愛おしく思えてしまい、昔はわざわざ折り目に色落ちが見られるものを見つけだして買ったり、色移りが逆に「かわいらしい!」などと、そのまま色の移った白いシャツを気にせずたくさん着たのを思い出します。(もちろん色移りはなるべく避けるべきことなんですが。。)


さっき、お店に入荷した夏用のハットの折り目にうっすらと色落ちが見られました。これを良しとするかそれともアウトなのかはお客様に委ねようと思いますが、なんだか個人的に懐かしくなりその折り目を見せつけるように店頭に並べました(笑)


あっ、もちろんたくさん使っていただければこの色落ちもうまく馴染んでほとんど目立たなくなりますからね!


















2013.05.30 | ヒトリゴト

トウキョウのサクラ

20130327042505DSC02972-1.jpg
昨日は仕入れで出張に出ておりました。東京はひと足早く桜が満開でした。
おかげさまでここ数年は出張で東京にでることも多くなり、店休を利用して忙しく駆けずりまわっております。
仕入れ先はさまざまあるんですが、昨日の仕入れ先の一つは、会場から満開の桜が額に収まる絵のように商品を背に咲いている場所です。大都会にいながらにして桜の目の前で商談をしていました。こんなところで仕事をしているメーカーさんもうらやましいですね。
目黒川沿いの桜も見事だったけど、はやく仙台のサクラで一杯いきたいところです。
















2013.03.27 | ヒトリゴト

UNIFORM


[charpentier de vaisseau/ MARINIERE]
fc2blog_201303251408160e6.jpg
今春も入荷しました。
自分らしいぶれのない定番的なユニフォームを持っているってことは、なんとも心強いものです。
なんかどっかのラジオで、山下達郎は「EDWINのロンドンスリム」しか穿いていないんだって言ってたな。100本、200本まとめて購入するんだとか。。。。すてきですね。
身に付ける物はただ生活を共にする道具みたいなもので、ことファッションについてあまり知識のない僕にとってほんと便利なものなんですね。
数あるワークウェア(生活着)の中で、この「マリニエール」も定番ユニフォームの一つになっています。
うちの嫁さんが僕より先に仕事で家を出る時、当たり前のようにこのユニフォームを着ていそいそと出ていく姿は、当たり前の光景なんだけどなぜか安心できます。たぶん外でいろんな出会いがあった時もけして悪い印象は持たれないんだろうな。 すてきなデザインの洋服で着飾るのも時には大事なんだけど、はじめて出会った人がいつもこんなユニフォームを着てる人だったら、僕はもっと自分らしく接することが出来るような気がしています。


さて、今日は改めて山達ミュージック聞いてみようっと。






















2013.03.25 | ヒトリゴト
CATEGORIES
ARCHIVES
ABOUT US
  • ランクル -daily wear-
  • OPEN /11:00-19:30
  • CLOSE/Tuesday
  • TEL・FAX/022-711-1730
  • PLACE/Sendai iroha yokocho
  • → More Info

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。